だいず畑に発生する問題雑草の数々をご紹介。

だいず畑の問題雑草

だいず畑にはこのような雑草が発生します。(50音順)
バスタはそのすべてを、200倍でしっかり枯らします。雑草の草丈20cmまでの散布がおすすめです。
アオビユ(ヒユ科)
畑地、道端などに生育する一年生雑草。肥沃地に多い。高さ1m内外。7月~10月に茎先や葉腋に幅 5~7mm、長さ10cm程度の長い花穂をつける。アオゲイトウに似るが、穂が細長い点が異なる。
アメリカアサガオ(ヒルガオ科)
つる性で左巻き。下向きの毛が多い。葉は心臓形で3裂になっており、裂片の基部は左右より深く入り込んでいるのが特徴。帰化植物。
アメリカセンダングサ(キク科)
北アメリカ原産の帰化植物。水辺や休耕田、水田などに発生。葉は対生し、長い葉柄があり、葉は複葉。高さは1~1.5m位。秋に枝先に黄色の頭状花をつける。果実には2本ののぎと剛毛がある。
アレチウリ(ウリ科)
やや湿り気のある場所に生育する。茎はつるになり、葉と対生して巻きひげがでて他物にからみつく。長さ数m。葉は互生で柄がある。茎も葉も軟毛が密生する。花期は7~9月。
イチビ(アオイ科)
畑地の強害草。茎は円柱状で高さ2m弱にもなる。茎の表皮は丈夫。茎も葉も全体に短い軟毛があり強い異臭がある。花期は7~8月。
イヌタデ(タデ科)
畑地、庭、空き地などに生育する一年生雑草。畑での強害草の一つ。高さ30~70cm。多くは、紅紫色を帯びる。花期は6~10月。葉腋から穂状の花穂を多数出して、紅紫色の花をつける。
イヌビユ(ヒユ科)
畑地や道端に生育。春~夏にかけて発生。茎の多くは横に伸びて分枝し、高さ30~60cm。葉は柔らかく、先端が凹む。花期は7~10月。
イヌホオズキ(ナス科)
畑地、道端、空き地などに普通に生育する。茎は円柱状で縦に稜があり紫色を帯びる。途中から分枝して大きな株になり、高さ20~90cm。葉は互生し柄がある。花期は8~9月。果実は熟すと黒くなる。
エノキグサ(トウダイグサ科)
畑地や庭に生育。茎は直立分枝して30~50cm。花期は8~10月。葉は互生し柄がある。葉の形がエノキに似ているのでこの名がある。
クサネム(マメ科)
畦畔や荒れ地などに多いが、水田にも多く生える。春から発生し、茎は直立して高さ1m内外。葉は羽状複葉でネムノキに似て睡眠運動をする。花期は8~9月。畑などに侵入すると刈取りの邪魔になる。
シロザ(アカザ科)
畑地や庭に生育。特に窒素の多い場所に好んで生育。茎は丈夫で硬く高さ60~150cm。葉は互生し新葉や葉裏に白い粉を多数つける。アカザはシロザの変種。花期は8~10月。
スギナ(トクサ科)
畑地、土手、道端などに普通に生育し、酸性土壌を好む。地下茎を伸ばして節々から芽をだして繁殖する。春早くツクシが現れ、次いでスギナが現れる。高さ30~60cm。
ツユクサ(ツユクサ科)
夏の強害草。茎は根際で分枝し、下の方は地を這い、途中から斜めに立ち上がり、草むら状になる。青い花をつける。
ノビエ(イヌビエ)(イネ科)
畑地やその周辺、湿地や水田、道端、空き地などに生育する。茎は分けつして株になり、横にはったり直立したりする。高さ60~100cm。7~9月に穂をつける。
ヒロハフウリンホオズキ(ナス科)
アメリカ原産の帰化植物。暖地では畑の雑草。茎は分枝して高さ80cmほど。葉は先が尖った卵型で縁には鋸歯がある。花は淡黄色で夏に咲く。果実は球状でホオズキ状のガクに包まれる。食用や薬用にもなる。
ホシアサガオ(ヒルカオ科)
草地や道端に生育するつる性の一年生雑草。花期は7~9月。茎の先に多数の花が集まる。淡紅紫色の漏斗形で花冠の直径1.5cm~2cm。花の縁は浅く5裂し、裂片の先はやや尖り星形(名前の由来)になる。
マメアサガオ(ヒルカオ科)
道端、空き地などに見られるツル性の一年生雑草。花期は7~9月頃。直径は1.5cmほどで小さい。葉の形は変化が大きく、丸いものからアサガオのように三裂するものまである。
マルバルコウ(ヒルカオ科)
関東、北陸以西の人家の周辺、道端などに生育する。茎はつるになって数mにも伸び、無毛。葉は互生し、形は変化が多い。花期は7~10月。観賞用だったものが野生化した。
メヒシバ(イネ科)
畑や農道、道端に生育する一年生雑草。どこにでも生えるので、畑に生えると駆除するのが難しい。春から夏にかけて発生し、茎は根もとで分枝して大きな株になる。高さ40~80cm程度になる。花期は7~9月。

さらに、だいず栽培や機械散布についてのさまざまな情報を公開中!

近道はバスタ!

機械散布を行うためのさまざまな情報をご紹介。

機械散布の使用方法

だいず畑に発生する問題雑草を豆知識としてご紹介。

機械散布レポート

機械散布を導入した方々からいただいた、さまざまな嬉しい声をご紹介。

ページTOPへ