「バスタってどんな除草剤なんだろう?」といった基本的な質問や
「あれ?こんなときは?」といったさまざまな質問と答えをご紹介。

3.雑草対策について

バスタについてのカテゴリ別の質問に一つずつ答えています。まずはこちらでそれぞれの答えを探してみてください。

ギシギシが増えて困っています…

150倍液の散布で地上部を完全に枯らすことができます。ギシギシの花茎が出始めるころ(5~7月)に散布すると、再生を長期間抑えられます。株の基部にも十分かかるように散布しましょう。その後再生が見られるようなら、もう一度散布してください。

チガヤを枯らせますか?

100倍液の散布で地上部を完全に枯らすことができます。茎葉が出揃った時期の散布で再生を長期間抑えられます。

ハルジオンで困っています…

150倍液の散布で地上部を完全に枯らすことができます。その後再生が見られるようなら、もう一度散布してください。

スギナを上手に防除する、散布のコツはありますか?

地上茎を育てないことがポイント。繰り返し散布することが大切です。茎までたっぷりかけることも上手な散布方法のひとつです。

バスタはスギナの根までは枯らさないのでしょうか?

スギナは地上茎が地下茎に光合成で得た栄養を送っています。地上茎を枯らして地下茎を弱らせ、増殖を抑えるのです。

スギナも他の雑草も、まとめて退治できますか?

バスタなら、100倍液の散布でしつこいスギナも他の雑草も、一気に退治できるので経済的です。

マルバツユクサを防除するのは、いつがよいですか?

出芽から開花までの時間が短いので、開花前の早い時期の散布が効果的です。5~7月の防除では、土壌処理剤との併用がより効果的です。

マルバツユクサへの上手な散布方法はあるのでしょうか?

土壌中の種子の寿命が長いため、根気よく毎年防除することが大切です。花が咲く前、種子を作る前に防除することがポイントです。

カメムシによる斑点米を防ぐには、いつごろ散布をすればよいですか?

カメムシには効果はありませんが、生息 繁殖場所である雑草を防除する事で斑点米を防ぐことができます。出穂3~4週間前までに散布してください。
下の表を参照してください。

だいず畑の基本的な防除対策は何ですか?

バスタの散布は、「は種前」「は種後出芽前」と、だいず生育期の「畦間・株間処理」との組み合わせ防除が、省力化と低コストの面からも現実的です。

ページTOPへ